トップ

妊活と冷え性の関係

妊活と冷え性の関係とは

冷え性と妊活には大きな関係が

いよいよ本格的に始まった妊活。良いコンディションで、赤ちゃんがやって来る日を待ちたいですよね。妊活しているならこのサイトを参考に。良いコンディションを作る為には、冷え性の改善はどうしても必要です。体が冷えていると、妊娠しづらい体になってしまうからです。ではどうして、冷え性になると妊娠しにくくなってしまうのでしょうか?

その理由はいくつかあります。一つは、冷えによって女性ホルモンを崩してしまうからです。ホルモンは、血液と一緒に流れています。冷え症とは、血流が悪くなっている状態です。つまり、血流が悪いと、ホルモンがたどり着くべき所にしっかりと到着できず、その為ホルモンが本来すべき働きができないのです。ホルモンがちゃんと働いてくれなければ、排卵を促すこともできません。排卵が起こせなければ、当然妊娠は難しくなるでしょう。

また、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り育んでくれる子宮は、本来多くの血液が運ばれてくる場所であり、とても暖かいところです。血液の中から必要な栄養を受け取り、不要なものは外へ。こうして健康的な環境を維持しています。ところが冷えていると、血流が良くありませんので子宮も冷えた状態に。すると、子宮の働きは低下し、着床しにくくなったり、着床しても妊娠を安全に維持しにくくなったりしてしまいます。冷えが続くと、卵巣まで冷えてしまうかもしれません。卵巣が冷たくなると、卵子を作りだすことが難しくなります。

冷えは万病の元と言われるように、免疫力が低下し病気になりやすくなります。風邪も引きやすくなってしまいます。すると、不妊治療がスムーズにいかなくなります。これが、妊活中の方にとって冷えが良くない理由なのです。

Copyright © 妊活と冷え性の関係とは. All rights reserved.